ガレージのある暮らし 憧れのガレージライフの扉はすぐそこに

広島のガレージハウス 店舗付住宅 店舗 オフィス 倉庫 工場の賃貸・売買ならガレージングデイズ

tel 082-277-2611
fax 082-553-0853
email info@garagingdays.com
ブログ

日常業務からプライベートまで、日々感じた事を綴る不動産版ブログ。
趣味の車版ブログも併せてご覧下さい(全く更新出来てませんが)。

ガレージな日々 ~車版

ガレージな日々 ~不動産版

体操スクールプレオープン無料体験 絶賛開催中

佐伯区八幡東にオープンするスマイル体操スクール

ただいまプレオープンイベントで無料体験実施中です。

詳しい日程はリンク先のサイトにてご確認ください。

何度か実施した内見の際に、トランポリンの位置が、高さが、大きさがあーだこーだとかなり真剣に検討を繰り返されてましたので、一体どんなものが据えられるのか興味津々で昨日夕方様子を見に伺ったのですが、聞きしに勝る大きさに仰天。

イベント終了後で残念ながらエアートランポリンは空気が抜かれてましたが、全長14mものトランポリンて、そら子供は大喜びしますよね。

入口には内村航平選手の直筆サインがありましたよ。写真撮り忘れたけど。

体操は、あらゆるスポーツの基本となるそうです。
体幹がしっかりしている子は何やっても上手いですよね。
野球、サッカー、バスケ、テニス、バレー等々球技系も身体のバランスが良い子は体勢を崩されても立て直すのが上手い。

なるほどね〜。

まだ将来何をやらせるか決まっていない幼少期は、先ず此処に通いましょう!

目指せ未来のアスリート。

リノベーションバイクガレージ 完成間近

リノベーション中のバイクガレージももうすぐ完成。

シャッターはLIXIL製。シャッターボックスの小ささと開閉時の静粛性が売り。

シャイングレイのカラーと相俟ってスタイリッシュですね。

 

 

本日はシャッターに貼るカッティングシートのサイズと位置合わせの打ち合わせ。

実際に現場で付けてみないとイメージが湧かないので3種類の大きさのシートを準備しました。

 

 

 

施主さんと仮止めしてはあーでもないこーでもないと打ち合わせして決まったのがこちら。

この日は雨模様で夜も遅かったので施工はまた後日。

 

求む! ガレージ

年明けからの新築ラッシュで大幅に供給量が増えた賃貸ガレージも、良い車室から順次埋まって残り僅か。
賃貸ガレージハウスは今は弾が無い状況です。

佐伯区、廿日市でこれだけの需要があるのだから、リクエストの多い安佐南区、西区、東区にも是非造りたい!

このところ、同業者様からも賃貸ガレージや賃貸ガレージハウス建築のご相談を頂く事が増えて参りました。
県外からのご相談もございます。
きっと不動産オーナー様もこれまで通りのアパマン経営の将来性を不安視しているのではないかと。
相続により代替わりしたオーナー様は特にその傾向が強い様です。

賃貸ガレージや賃貸ガレージハウスは広島以西ではまだまだ希少。極めて有望な投資物件である事を実感しております。

遊休土地を所有されているオーナー様へ
賃貸ガレージや賃貸ガレージハウス経営による安定した資産運用を提案申し上げますので、是非一度お気軽にお声掛けください。

GW

始まりましたね。GW。
当社はこの4月より定休日を日・祝祭日に変更したのでほぼカレンダー通りのお休み。

さて何処行こう、何しようと想いを巡らせてたのですが、今年も忘れずやって来ました花粉症。
ここ10年ほど、毎年ゴールデンウィーク限定で発症するのです。一体何アレルギーなのでしょう?

という訳でも無いのですが、この土日は何処にも行かずに物件案内や契約書作成、管理物件巡回、新規物件登録といった普通の不動産屋のお仕事をしてました。
お陰様で仕事の待ち行列が解消できたので、3日、4日、5日はすっきりした気持ちで遊べそうです。

午後は幾分症状が和らいだので、久しぶりのランニング。
いつもの西コース(廿日市大橋経由Finds往復)と反対側の東コースを10km程軽く流しました。

オープンしたてのLECT。工事中にも何度も通過しましたが、その時はもっと巨大な施設に思えたのですが意外とコンパクトな感じ。

こちらは対照的な漆黒の建物。

確か2月頃外装を塗ってて何が出来るのかと思ってましたが、猛牛の牛舎だったんですね。

走ってると色んな発見があります。乗り物に乗ってると見落としがちな建物や路地もゆっくりと観察出来ます。

録り溜めてたPotcastを聴きながら、のんびり走ってリフレッシュ。今の時期は本当に気持ちが良いですね。

これで花粉症さえ無ければなぁ。。。

スマイル体操スクール

この度弊社にてテナント物件を仲介させて頂いたお客様が体操スクールをオープン致します。

5月18日(木)オープンに向け、現在急ピッチで工事を進めております。

体操と云えば日本が世界に誇る伝統競技。

絶対王者の内村選手や安定感抜群の加藤選手、成長著しいひねり王子こと白井選手等々タレント揃いですよね。

世界を目指すには幼少期からの運動能力を如何にして発達させるかが極めて重要。

世界を目指さなくても、あらゆるスポーツの基本となる体操は、身体能力の向上はもとより免疫力の向上や脳の発達にも寄与するそうです。

また、小学校体育の苦手項目の克服とか、バック転を習得してクラスのヒーローになりたい中学生とか、アクロバティックな要素を取り入れたダンスやチアリーディング等々、様々なクラスが用意されております。

個別特訓や出張指導にも対応できる様ですよ。

無料体験が出来るプレオープン日程(5月13日、14日、15日、17日)が公開されておりますので、ご関心のある方はこちらをご参照ください。

尚、指導者はしっかりとしたスキルと経験を積まれた方です。

しかもイケメン & ベッピンさんです。

不純な動機でもOK!

Shall we gymnastics ?

ガレージリノベーション中 カーポート編

こちらはリノベーションと言えるかどうか微妙なところですが、戸建の道路に面した花壇を取り壊してカーポートを設置する工事を進めている案件。

ごく普通の庭であればカーポートの支柱を埋めてモルタル仕上げしてお終いな簡単な工事なのですが、こちらは花壇部分に汚水配管が埋まってたので大掛かりな工事となっております。

今回設置するカーポートはLIXIL レガーナポートシグマⅢという、前下がりの屋根形状が特徴的なやつ。

道路と並行に車を停める場合、一般的な前上がりのカーポートは雨の吹き込みに弱い上に積雪時の溶けた雪が建物側に寄ってなかなか解けなかったり、軒が高くなり過ぎてデザイン的にもちょっとアレなので。。

敷地にぴったり収まる様に屋根部分は現場でカットしました。

ここに停まるお車は、イタリアンな小粋で可愛いヒストリックカー。勿論マニュアル車でオーナーは何と奥様。

お嬢様もこれに乗る為にMT免許を取得したとか。

素晴らしいご家庭です。私もMTに乗りたいぞ。

ガレージ リノベーション中 バイクガレージ編

大型バルコニーの下にバイク用ガレージを造ってます。

お客様はバイクを愛するライダー。
バルコニー下にバイクを保管してましたが、通常の雨風は凌げるもののどしゃ降りや吹き降りとなるとどうしても濡れてしまう。
セキュリティ面にも不安がありました。

そこで当社にご相談を頂き打ち合わせを重ねる事数ヶ月。

内装は当社の定番のOSB貼り仕上げ。
大型FIX窓も良い感じ。
外装はガルバリウム鋼板貼り。

近日中にシャッターを取り付けます。

居心地の良いガレージに仕上がりそう。

若者のバイク離れ

深刻なんだそうです。
主なバイクユーザーは50代が中心。
そう言えば私も50歳になったところなのでコア層ということになります。

当社はバイク専用ガレージを6箇所/50戸、車用シャッターガレージを含めると10箇所/100戸運営致しておりますが、バイクユーザーに限るとざっくり20代が1割、30代が2割、40代が3割、50代が4割といった感じで、確かに50代が一番多いですね。

ところが、昨日も先週も賃貸バイクガレージをお申込み頂いた方は新卒でこの4月から就職がきまった若者。
知り合いにも大学入学と同時に免許を取ってバイクを買った女の子がいます。
20代で賃貸バイクガレージを借りるのは金銭的な負担が大きい事は確かですが、大切なバイクを安全に保管したい、良いコンディションを保ちたい、自分の手でメンテナンスしたいという気持ちは年代問わず同じなのでは。

もっと気軽に使えるバイクガレージを、もっと沢山の地域に展開したい。
良質なガレージライフを送る事の出来るインフラをもっともっと普及させたい。

これは当社のミッションだと考え、創業時から一貫して継続している事業のひとつです。

本日は同業者から、とあるビルの1Fをバイクガレージに改装したいのだけどノウハウが無いので助言が欲しいという有難いお電話を頂きました。
そりゃもう喜んでお手伝い致します。

空きテナントに悩まれている管理業者様、ビルオーナー様、駐車場経営からステップアップしたいオーナー様、空き地の最適利用をお考えのオーナー様、どうぞお気軽にご相談ください。

大きな声では言えませんが、賃貸ガレージ経営は お い し い です。

倉庫(ガレージ) 建築中

今日はポカポカ陽気で気持ち良かったですね。
こんな日はバイクに乗らない手はありません。

という訳で、午後から2件の打ち合わせの合間の物件撮影にバイクでお出掛け。

バイクって小回りが効いてどこでも停められるので機動力が求められる撮影ツアーにはもってこいなんです。

ただ、フルフェイス被ったまま写真撮影してたらめちゃめちゃ怪しまれるので、いちいちヘルメットを脱がないといけないのが難点。

かと言って半キャップじゃ危険だし、オフロードタイプはバイクには合ってますが個人的には大げさで好きじゃないのです。

夏に向けてジェットタイプを検討しようかな。

さてこちらは只今建築中の貸倉庫。
間口6.5m×奥行き7mが1棟と間口6m×奥行6mが1棟。

何れもガレージとしても利用可。

車2台余裕で格納可能なガレージで思う存分ガレージライフを愉しみませんか?