ガレージのある暮らし 憧れのガレージライフの扉はすぐそこに

広島のガレージハウス 店舗付住宅 店舗 オフィス 倉庫 工場の賃貸・売買ならガレージングデイズ

tel 082-277-2611
fax 082-553-0853
email info@garagingdays.com
ブログ

日常業務からプライベートまで、日々感じた事を綴る不動産版ブログ。
趣味の車版ブログも併せてご覧下さい(全く更新出来てませんが)。

ガレージな日々 ~車版

ガレージな日々 ~不動産版

サインボード

 

目立ってなんぼじゃあ無いと思うんです。

確かに役目としては目立たなくてはならないし、ひと目で何を現しているか判らなければならないのが看板。

ですが、マンションの共用部やバルコニーにベタベタ貼ってるのや、新築分譲の幟がビラビラはためくのを見るにつけ残念に思うのです。

さり気なく主張するのが理想ですね。

HobbyHouseブランドに関しては、お世話になってるイラストレーターさんにデザイン頂いたロゴで統一してますが、それ以外の物件の看板を依頼されると結構悩むもの。

 

 

 

 

 

今回はほぼテキストだけでシンプルに。

看板屋さんに書体が無かったのでしょう。ちょっと想いとは異なるイメージになりましたが、どストレートで判り易いでしょ。

 

ところで、HobbyHouse五日市を、またまたヨドさんの施工例集にて取り上げて頂いたいのですが、看板をバッチリ写してね♪

とお願いしてたのですが見事に消されてました。上手いこと消したもんだ。

 

 

進化する遊びの前線基地 HobbyHouse五日市

役所とのやり取りに手間取って足踏みしてましたが、ようやく基礎工事が始まりました。

カーガレージを4戸増築し、セキュリティ強化策としてリモコンチェーンゲートを出入り口に設置。

これにてHobbyHouse五日市はハード面では完成形となりますが、ソフト面を進化させる次なる企画が控えております。

遊びの前線基地というコンセプトの元に開発されたHobbyHouse五日市ですが基地は決して男だけの空間でも特権でもありません。

奥様もお子様も彼女も放ったらかしで遊び呆けていては何かと角が立つというもの。

家族一緒に楽しめる場所として進化させたい。そんなオーナー様の想いを次なる企画に込めました。

個人的にはこっちの方が楽しみかも。

バイク駐輪場の探し方

車の駐車場と違い、バイク駐輪場は一般的な不動産ポータルサイトには殆ど掲載が無いため、いざ探すとなると苦労するもの。

バイクガレージとかバイク駐輪場といったキーワードと地名を組み合わせてググるのが一般的かと。

一般社団法人日本二輪車普及安全協会のサイトも有用ですよ。
こちらでは全国のバイク駐輪場(時間貸し・月極め共に)を探すことができます。

この度、佐伯区のBASE隅の浜と南区のインフィールド的場バイクガレージを追加掲載致しました。

その他の弊社取り扱いのバイクガレージも掲載されてますので、バイク駐輪場をお探しの方は是非一度ご覧ください。

ガレージ探訪 ~Y’s Garage編

新しい年の初めをご新居で迎えられたお家を訪ねて参りました。
当ブログで取り上げるからには、それが只の家ではない事は言わずもがな。

今回は、洗練されたオトナのガレージハウス Y’s Garageにご入居されたN様のガレージライフを紹介致します。

N様の愛車はロータス エリーゼ。自身で足周りを弄っては年に数回サーキット走行を楽しまれるライトヘビー級ユーザー。

これがエンジン降ろしたりするスーパーヘビー級ユーザーだと広さや設備に物足りなさを感じるかも知れません。当物件の企画時に我々が狙ったターゲットはライトヘビー級ユーザーだったので正にドンピシャのご入居者様です。

さて、N様が当物件をお選び頂いた経緯と実際にお住まいになって感じた事についてインタビュー形式でお伝え致します。

【筆者】「先ずはN様と車との関わりについて伺います。お仕事は車関係と伺ってますがお仕事の内容を教えて頂けますか?」

【N様】「元々自動車メーカーの関連会社に勤めてましたが、転職して独立系のエンジニアリングデザイン会社で車の内装のデザインを担当してます。」

【筆者】「小さい頃からお車好きで?」

【N様】「小学生の頃から無類の車好きで、当時はフェラーリに憧れましたね。」

【筆者】「私もスーパーカー世代でご多分に漏れずサーキットの狼を夢中で読んだものです。では今の仕事は正に天職ですね。今でもフェラーリへの憧れは変わりませんか?」

【N様】「いえ。最近のフェラーリは高級なスポーツカーといった感があり、私はどちらかと言うとプリミティブな車が好きなのでちょっと方向性が違うかなと。今はエリーゼで満足してますし他の車には全く目移りしませんね。」

これまでの愛車遍歴を伺いましたが、国産ハッチバックやスポーティーカー、本格クロカン、インポートオープンカーを乗り継ぎ、エリーゼに辿り着いたそうです。ありとあらゆるジャンルを経験し、やっと出会った本命。エリーゼを初めて駆った印象は正にカート。軽量でダイレクトな操作感を味わえる生粋のスポーツカーで一目惚れしたそうです。

【筆者】「サーキット走行も楽しまれてるそうですが、どのくらいの頻度で走りに行ってますか?」

【N様】「年に3~4回程度です。私の場合、限界まで攻めまくるという走りではなく、非日常を楽しむというかスポーツカーでサーキットを走行するというシチュエーションを愉しんでます。なのでモディファイと言ってもブレーキパッドやショック程度でタイヤですらハイグリップ系ではなく普通のラジアルタイヤなんですよ。実はエリーゼはサスの取付剛性が余り高くなくてSタイヤを履いたりするとサスやボディのキャパが追い付かなくなります。強化パーツも出てますが、一つ替えると色んな箇所に影響が出、結果バランスを崩してしまうのが嫌なんです。ほぼ吊るしの状態で愉しむのがベスト。」

【筆者】「なるほど。私もタイムが伸び悩んだ時にはパーツのせいにしてましたね。自分の腕は棚に上げて(笑)。その車が本来持ってる走りを、公道では試せない領域をサーキットで愉しむという考えを持ってたらもっとサーキット走行を愉しめたのかも知れません。ところで、サーキット走行前の準備や点検はこれまでどうされてたのですか?」

【N様】「実はこれまで住んでたマンションの駐車場は立体駐車場でした。地下なのでセキュリティ面の心配は無いのですが、車を弄る際は郊外の広い公園の駐車場やホームセンターの屋上駐車場でコソコソやってました(笑)。貸しピットを利用したこともあります。ですが時間の制約があってのんびり作業できないし、疲れても明日やろうと後回しに出来ないのが難点。絶対片付けて帰らないといけないじゃないですか。」

【筆者】「確かに仰る通りですね。そんな不満があってガレージハウスを探し始めたのでしょうか?」

【N様】「いえ。確かにガレージハウスへの憧れはありましたが引っ越しは全く考えてませんでした。ある時、貸ガレージが近くにないかとインターネットで検索した際に、キーワードに『ガレージ』『広島市』と入れてエンターキー押したらガレージングデイズのサイトが出てきて、覗いてみたらたまたまガレージハウスが出てたので電話してみたのです。」

【筆者】「偶然の出会いだったと。実際に内見頂いてその場で即決頂きましたが、決め手は何でしたか?」

【N様】「シングル向けなので決して広くはありませんが、部屋の各所に使われてる建材や設備が厳選されていて安っぽくなく自分の好みに合いました。勿論ガレージの仕様もタイル貼りフロアに電動シャッターで満足行くものでしたし、エリーゼを入れるには十分な広さでした。」

【筆者】「ありがとうございます。実際にお住まいになって如何でしょうか?」

【N様】「大満足です。引っ越しして正解でした。敢えて言うなら、ガレージの幅があと50cm程広ければ最高ですね。それと、風呂のドアが折戸だったら開閉スペースを取らないのでベターですね。トイレの照明も自動消灯だったら良いなと。でも今でも全然問題無いです。強いて挙げればというレベルなので。」

【筆者】「ご満足頂いて嬉しい限りです。ガレージのライティングレールも是非ご活用ください。標準装備のLEDダウンライトだけでも良い雰囲気ですが、ライティングレールにスポットライトを取り付けると愛車を浮かび上がらせるような演出も可能です。色々工夫して末永くガレージライフをお愉しみください。本日はありがとうございました。」

 

ガレージハウスに求めるものは十人十色。

ガレージの愛車を眺めながらゆっくり過ごしつつ一日の疲れを癒やす方もいらっしゃれば、休日毎に内装を引っ剥がして配線引き直す方もいらっしゃいます。マフラーやブレーキ周りを交換してサーキットを愉しむ方も、とにかく保管コンディションには徹底的に拘りエアコン導入して湿気を追い出しピカピカに磨き上げる方も。

バイクを5台6台入れてバラバラにして弄り倒す方もいらしゃれば、ショップと見紛う程の貴重なアンティーク趣味のもので囲まれた空間を造り込んで毎日過ごされる方も。

オープンな場所でこんなことしてたら好奇の目で見られるのですが、クローズの場所なら時間が許す限り誰にも文句言われずに好きなだけ堪能できますよね。

作業途中で疲れてもそのまま放置プレーも可。また来週やれば良いのです。

これが自分だけの秘密基地、愛車と暮らす家、ガレージハウスの魅力。

引っ越しまではちょっとという方も、賃貸ガレージでガレージライフの一端を垣間見られます。

新しい生活始めませんか?

 

不動産屋のイメージ

相も変わらず不動産屋のイメージは悪いんですね。
それも世界的な傾向の様です。

世界各国の消費者の投票による何でもランキングで選ばれた「嫌われる職業ランキング」で、政治家、弁護士に続き不動産屋が堂々第3位にランクインしたそうです。

何れも接頭語に「悪徳」を付けてしっくりくる職業。

確かに昔からサスペンスドラマでは常連の職業ですよね。
犯人は自称不動産ブローカー。

バブルの頃ならまだしも、今でもそうなんですかね。

イメージ向上に努めなければなりません。

貸しガレージの内装

住む訳じゃないけれど、長い時間を過ごすこともあるガレージ。

当社はそんなガレージの使い方を想定して、断熱内装を施した貸しガレージも幾つかリリースしてます。

ガレージに、それも賃貸なのに、わざわざ内装仕上げをするなんて収益だけを考えたら無駄とも思える投資ですが、カンカン照りの夏や底冷えのする冬でもガレージで作業したいとか、倉庫兼事務所として使いたいとか、或いは大切なモノの保管状態に拘る方には好評です。

高がガレージ。されどガレージ。

少しだけデザインにも気を遣った最新のものが出来上がりつつあります。

ヤレた感じが良いでしょ。

パース その2

パース作成のために色んなソフトを試してます。

クォリティーはこれが一番かな。
但し、一から全て手作りで制作していく必要があり、造り込めばかなり細かい描写も可能ですが時間と労力が掛かり過ぎるのが玉に瑕。

※バイクは既成の3Dモデルをダウンロード。これ創った人エライ。

こちらは間取図から鳥瞰図やパースを作成することができるソフト。
間取図を作りさえすればそれなりのパースができるし、備品類や設備も豊富に用意されたものから選ぶことができるので時短&省力化が可能。

でも仕上がりはショボいですね。

で、画像加工ソフトの出番。

切り貼りして写真と合成するとイメージに近いものが出来上がりました。

つまりはシチュエーションに応じて使い分けするのが一番という結論に達したのでした。

求む500㎡倉庫

現在、150坪(500㎡)くらいの倉庫を探してというご依頼を5組様から頂いております。
倉庫を探されている方で最も多いボリュームゾーンが何故かここ。

全く出て来ない訳ではありませんが、ご希望地でなかったり賃料が高かったりしてずっと持ち越し。

オーナー様、同業者様、良い物件がございましたら是非ご紹介ください。
よろしくお願い申し上げます。

パース

現在ファミリータイプの賃貸ガレージハウスの建築計画を進めております。

これまでは間取図と簡易なパース(完成予想図)を元に打ち合わせを進めていたのですが、いよいよ詳細検討段階に入ったところでちゃんとしたパースが必要となり、Co-work先の工務店に作成を依頼。

出来上がったものを見てテンションが上がりました。これは良いものができそうです。

 

さて、問題は当社の担当の絵。

実は賃貸ガレージハウスの横にガレージをベースにガレージハウス化した建物を併設する予定なのですが、ガレージの形状が特殊なため簡易パースを上手く作成することが出来ません。

さてどうしたものかと色んな3Dソフトを試してたのですが、操作が簡単なのは機能もイマイチで機能満点なものはスキルとお金が要るという至極当たり前の結論に達しました。

当社はデザイン事務所ではないので数十万円の投資をするつもりはありませんが、オーナー様やエンドユーザー様にアピールするにはやはりビジュアルに訴えるのが最も効果的な事は経験的に判ってるつもりです。

無料版を試す中でちょっと興味を持ったソフトがあったので、スタンダード版を購入してみることにしました。使い勝手が良ければPro版というアップグレードパスもあるのも好印象。

 

昨日はそんな事をしてたのですが、今朝いつものルーティンワークを始めようと業務ソフトを立ち上げたところ、こんなメッセージが出てDBを読み込んでくれなくなりました。

なんじゃこれ。さっぱり解らないので、取り敢えず再起動、業務アプリ修復インストールと、シロートが思い付く事を試してみましたが変化なし。

午前中一杯ググり続け、どうやらVB6JP.DLLがいつの間にか消えちゃってるということが判明。再インストールして無事修復できました。

何故消えたのかは不明ですが、考えられることは3Dソフトの無料版をインストール/アンインストールしたことくらい。アンインストールの際に一緒に連れて行かれたのか。

 

絵心があればその場で手書きで素敵なパースや鳥瞰図をササッと描いてイメージを膨らますこともできるでしょう。

ソフトを利用すると高精度な画をリアルタイムで提示できるのですが、頼り過ぎると何かあったときにお手上げになってしまいますね。

ちょっと絵を学んで見ようかなと思った一日でした。

シーズンイン

明けましておめでとうございます。

新年早々ガレージハウスやガレージの契約が立て続けに成立し、とても良いスタートが切れました。

当社はガレージ付物件や事業用物件を中心に取り扱っておりますので不動産業界の繁忙期である12月~2月の取扱件数が飛び抜けて多くなる訳ではありませんが、それでも人の異動に伴い車・バイクも移動するのか多少なりとも恩恵を受ける時期ではあります。

中には、新年度を迎えるにあたって心機一転住み替えという方もいらっしゃいますので、異動・移動に限らず心理的な変化を求める人も多くなる時期なのでしょう。
新築、中古含めて空き物件が大量に供給されるため良い物件が見つかる可能性が高いのは間違いないです。

という訳で、半月前まで3件あった空きガレージハウスも残すはここだけ。

車を2台入れられるシャッターガレージ付きテラスハウスもお勧め。

※募集終了


賃貸シャッターガレージは今なら選び放題ですよ。