物件募集の際の原則は入居申込書が到達した順。

口頭では駄目です。書類できちんと意思確認が出来ないと幾ら絶対に契約すると言われても物件を押さえることはしません。当社では。

しかし往々にして有るんですよね。貸主都合で後出しじゃんけんが成立する事が。

自社管理の物件の場合は、筋が通らないと貸主を説得したり、それでも応じない場合はけんか別れした事もあります。

これが他社管理の物件だと更にコントロールし難い。

申込書を提出し顧客の人となりを説明しガチガチに固めたつもりでも、貸主の知り合いが借りたいと言ってるんで… の一言で断られることが多々あります。

知り合いの方が気心が判ってるので安心な事はまあ判りますよ。でもビジネスとして賃貸業を営んでるなら市場のルールは守って頂きたいものです。

当社にとっては機会損失のひとつでしか有りませんが、お申込書をご提出頂いたお客様にとってはそう何度もある事じゃないでしょう。

悩みに悩んで決断して頂いたはずです。本当に申し訳ない気持ちになります。

これだから不動産屋は…

とならない様、クリーンな業界にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.