このところ、成約率が落ち気味です。

成約率とは、物件のお問い合わせを頂き内見までして頂いた方が成約に結び付く率を指します。

弊社はガレージ関連物件に特化した特殊な不動産会社故に、サイトを訪れて頂く方の大半はやはり特殊な要望をお持ちの方であろうと想像しております。

実際にお問い合わせ頂いた方や会員登録頂いた方の凡そ8割は車・バイクを趣味とされる方でして、残り2割は事業用不動産(店舗、店舗付住宅)を探されている方。

以前の成約率は7割以上ございました。10組ご案内したら7組は決めて頂くイメージですね。

事前にサイトで詳細をじっくりとチェックして頂き、内見では実際にそうなのかを確認して問題なければ「じゃ申し込みます」というパターンが圧倒的に多かったのですが、ここ最近は内見頂いても、う~ん。。。と悩まれるケースが増えて参りました。

結果、成約率が落ちているのです。

理由は簡単。この時期はシーズン真っ最中でして、全体的に問い合わせ数が伸びるのも事実。一見さんからの問い合わせも増えているのでしょう。

実際、当社サイトの月間のページビュー数は15,000前後。1日平均すると500ページビューですが、2月に入ってからは700ページビューから多い日は1,000を超えることもあります。

新規とリピーターの割合も、以前は55:45だったのが最近は63:37と新規訪問者の割合が随分と増えて参りました。

特定のカテゴリーに特化した不動産屋のサイトとしてこの数字が多いのか少ないのかよく判りませんが、毎日訪問して頂いている方に常に最新状態の物件情報を提供しなければと、数字を見る度に気を引き締めてます。

 

さて、2月~3月は空き物件情報が最も多く出回る時期なので、今直ぐ決めると後からもっと良い物件が出て来て後悔するかもしれないとお考えになるのも尤もです。

しかし、結局良い物件に巡り逢えず、以前候補として挙げてた物件を再度チェックしたら既に決まってて悔しい思いをする事も考えられますね。

物件も多く出回りますが、探されている方も増えるため競争が激しくなり、良い物件から先に決まる。あなたが良いなと思った物件は、他人も良いと思ってる筈です。

口酸っぱく申し上げておりますが、不動産は一物一価で同じものは2つとございません。ピンときたらご縁があると言うことで直ぐ決めた方が吉だと思いますよ。

決して営業トークではなく、何度も何人もそんな方を見てきて真面目にそう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.