当社では物件毎に物件コードを振ってデータベースに登録してます。
基本は8桁の数字で、登録した年月日と登録順を表してます。

例えば14110103という物件コード。141101(=2014年11月1日に登録した)と03(=3番目の物件)に分けるといつ登録したかが簡単に判ります。
中には先頭にアルファベットが付されたコードもありますが、Wは事業用物件、Sは売買物件を表してまして、SWとなると事業用売物件ということになります。

この登録日をベースにした物件コードは、いつから空室なのか大凡の目安になります。
勿論、空室→即登録ではなくタイムラグもありますし、当社が空室情報をキャッチするのが遅れた場合は全く異なる結果になりますが、少なくとも当サイトに登録してからの期間が判るので何となく目星は付くのではないかと思います。

さて、ここで不可解な事象がございます。お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、ずっと前に登録した物件がしばしばアクセスランキングの上位に現れる事があるのです。

R0031912例えば、とある店舗付住宅の物件コードはW12090601。
2012年9月6日ということは、2年以上前に当社DBに登録・公開した物件なのですが、未だに空室のまま。

例外として、タワーパーキング等、室番号が特定できず且つ空きが複数ある物件は敢えて同じコードで募集していますが、特定の部屋がこれだけ空いてるとなると何がしかの問題があるのでしょう。取り扱いを止めた方が良いのかも知れません。
しかしアクセスは上位にランクされるのです。

傾向としては店舗付住宅に多いように思われます。当社的には店舗部にバイクを入れる「バイクガレージハウス」スタイルを提案しているのですが、実際に室内画像をご覧になられて、これはどうも・・・いかんな・・・となるのでしょうか。店舗付住宅の住空間はプアな造りが多いので、いざ住もうと考えると色んなネガが見えてくるのでしょう。

そんな場合も是非ご相談下さい。問い合わせはタダですし、これだけ空いているとこのままで良いとはオーナー様も考えていないはず(中には無頓着な方もいらっしゃいますが)。カスタマイズ賃貸のチャンスに恵まれるかも知れませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.