相も変わらず不動産屋のイメージは悪いんですね。
それも世界的な傾向の様です。

世界各国の消費者の投票による何でもランキングで選ばれた「嫌われる職業ランキング」で、政治家、弁護士に続き不動産屋が堂々第3位にランクインしたそうです。

何れも接頭語に「悪徳」を付けてしっくりくる職業。

確かに昔からサスペンスドラマでは常連の職業ですよね。
犯人は自称不動産ブローカー。

バブルの頃ならまだしも、今でもそうなんですかね。

イメージ向上に努めなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.