昨年はFREE

今年はSHARE

物、時間、空間、情報、サービスと云った有形無形を問わない「共有」の概念とそこから生まれるビジネス。

賃貸住宅なんてとっても判り易い例(土地と建物のシェア)ですね。

もう一歩進めたルームシェアやハウスシェアも一部では認知されて広まりつつあります。

カーシェアも然り。

FacebookをはじめとしたSNSも、友達のシェアと言えますね。

「所有」と「共有」をコスト、リスク、環境負荷、社会貢献といった様々な視点で見直すきっかけになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.