昨日は新築ガレージハウスの企画会議。

一から建てるファミリー向けガレージハウスが1棟(2戸)と、ガレージ改ガレージハウスの企画モノが1棟(1戸)。

ガレージハウスは土地の形状やターゲット層に応じた注文住宅になってしまうので、どうしても個別設計・個別デザインとなる訳ですが、ガレージ改ガレージハウスをパッケージ化してお安く出来ないものかと思案中。

そのガレージこそアメリカンスチールスパンガレージなのです。

r0048975

ガレージ自体は簡単に組み上がるのですが問題は内装。
鉄骨を組んでロフトを造り、床・壁・天井パネルを取り付けて断熱材で覆って部屋に仕立てるのです。
部屋は1Rで広さは1サイズのみ。バス・洗面・トイレも1グレードのみ。

そうやってコストを切り詰め、収益物件として十分採算が取れるようにするのが目標。

世間一般の賃貸ガレージハウスは、名前こそガレージハウスと名乗ってますが、やはり居住空間+α(ガレージ)が基本。ガレージはどうしても二の次になりがちなのですが、当物件はあくまでもガレージが主役。
広々としたガレージがでんとあって、居室はちょびっと。汗を流して寝られれば良い程度のもの。
正にガレージに住むといった、名実共にかなりハードなライフスタイルになります。

まぁ、低くは無いハードルですがワクワクしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.